RYE WHISKY

DSC_0954

 

DSC_0956

 

 

DSC_0961

 

 

DSC_0957

 

1930年代 アメリカ

バランス良く いろんな書体で描かれている ライ・ウイスキーのパブミラー

壁をディスプレイしたいとき….. たくさんの物でウォールを埋めつくしたい時などに

トイレやウォッシャールーム 玄関……狭い空間でもミラーなので圧迫感も無くディスプレイできます

遊び心をプラスした生活空間にしていきたいですね

Pub Mirror  ←詳細はこちら

 

アメリカのウイスキーは51%がライ麦を使用する事が法律で決まっているようです

ウイスキーのイメージは 音楽を聞きながら スーツをサラッと着たダンディな洒落たおじさま

ひとの腹を探り合う会合 オールバック 葉巻…..渋さがよぎります

ウイスキーの似合う深みのある女性になりたいものですね

 

明日は定休日です 水曜日からまた 皆様のお越しをお待ちしております

なかなか映画を見る時間がなかったので 久しぶりに マフィア映画でもみようかな

OWL SHOKO

 

CHESTERFIELD SOFA

DSC_0954

 

DSC_0958

 

DSC_0957

 

DSC_0956

 

DSC_0959

 


DSC_0955

 

1970年代 イギリス

CHESTERFIELD SOFA:CLUB CHAIR(チェスターフィールドソファ:クラブチェア)

イギリス発祥の伝統的なソファ

レザー生地でボタン留めされた スタイル 肘掛け 背面の高さが同じなのが特徴

フレームは手作りで 伝統的な工房で最高級の木材を使用して造られます

レザー・仕上げ・カットは経験豊富な 職人によって生み出されていきます

イギリスのソファはどっしりとした安定感 貫禄のある見た目に重圧感があるイメージです

その象徴がチェスターフィールド 200年以上にわたり愛されてきた 英国の伝統的な 革製家具

名前の由来については 様々な説があり

有力なのは”英国紳士のシンボル”と呼ばれダンディズムの象徴にもなっている

“フィリップ・チェスターフィールド伯爵”に由来すると 言われています

“全ての知識を時計と一緒にポケットにしまいなさい

そして 望まれない限り人前でそれを 引っぱり出さない事”

フィリップ・チェスターフィールド より

 

実際に使用されていた ヴィンテージ品の為 レザーのキズ 汚れなどがございます

古い物ならではの味わいとご理解ください

発注されるお客様は一度お問い合わせください

OWL SHOKO

 

OFFER DIARY IN MELBOURNE VOL.2

つづき……

IMG_8097

レートがいい街中でいつも両替です

 

IMG_8146

遠くまで 足を伸ばします…..

 

IMG_8105

その目的は アンティーク ヴィレッジ!!!!

 

IMG_8130

はい!!! 節約です お決まりのフィッシュ&チップス

 
IMG_8140

もちろんお天気は最高!!!!! ありがとう!!!

 

IMG_8132

かなり古いホルマリン漬け見たら… こんな顔にもなりますよ…..ね?
IMG_8133

一度拠点に戻り 再び歩き回ります

 

IMG_8012

しかし お洒落さんが多いこと……

 

IMG_8142

お決まりのスーパーです!!!! 宿でも やることがいっぱい…
IMG_8166

最終日の夜だけは遊びましたよ レストランにも行き

遊園地にも行きました 乗り物 1回1,500円   高っ!!!! 騙されて…もちあげられて….1回乗りましたよ

調子にのりました…..絶叫 まじ…..無理です….

1週間と短い買い付けで 予定もギリギリでしたが とても 充実した買い付け

国外へ行くと たくさんの刺激をもらえます 価値観や文化の違い 日本には無い想像力 行動力

人との触れ合い 自分を見つめ直す事ができます

ありがとう!!!!!!
IMG_8194

出発の朝

この中に私が居るようです….確かに寒すぎだったけど….

次はどこへ行こう……..!

OWL SHOKO

OFFER DIARY IN MELBOURNE VOL.1

オーストラリアのビクトリア州 歴史的な建物 イギリス風の建築 文化が色濃く残る メルボルン

IMG_7999

約18時間のフライト….到着AM6:00

レンタカーに乗り込み1時間30分かけて まずは拠点となる場所に向かいます

 

IMG_8001

 

 

IMG_8010

1週間お世話になった場所

駐車場も無料だったので ありがたく ゆっくりとお話ししてくれる ロンゲの男前なお兄さんがお出迎え

 

IMG_8026

まずは 良い物に出会えるように 願掛け

 

IMG_8045

さすが 晴れ女です 滞在中はもちろん オール晴れ!!!!

夏の日本から来たので 真逆の季節 寒さがハンパじゃない…..

 

IMG_8083

 

IMG_8091

 

IMG_8198

町中にゴミ箱 灰皿が設置されているので 町がきれいです

 

IMG_8048

メルボルンに住んでいる友人に会い 腹ごしらえ

 

IMG_8128

半日の量…..ホテルを行ったり来たり

もちろんスーツケースは空っぽのまま持ってきました

しかし 老若男女 街を歩いてる人 ほとんどオールブラック ファッション かっこいい 好きです

 

IMG_8052

 

 

IMG_8060

夜だけは遊び感覚 ストリート アートで埋めつくされた一角

 

IMG_8144

オーストラリアは物価がびっくりするほど高いので 夜はスーパーのみ!!!!

Vol.2 つづく….

FASHION Vol.2

DSC_0900

 

One Piece ←Check!!!!!

 

 

 

DSC_0881

 

Chiffon Blouse ←Check!!!!!

 

 

 

DSC_0760

 

Pull Over ←Check!!!!!

 

 

DSC_0829

 

Tops ←Check!!!!!

 

 

DSC_0703

 

Tops       Pencil Skirt  ←Check!!!!!

 

 

DSC_0846

 

Tops Black    Tops Navy ←Check!!!!!

 

今回は メルボルン/サウス・ヤラで厳選し 買い付けてきたものをご紹介

日本では買えないインポートブランド 買い付けてくる洋服は全て新品です

同じ物が嫌な方は必見です ほとんど1点物となっております

買い付け記録を書いてみます

Continue………..

OWL SHOKO

 

 

 

FIRE PLACE HOLDER

DSC_0963

 

DSC_0966

 

DSC_0968

 

DSC_0969

 

DSC_0972

 

1940年 イギリス

Fire Place Holder(ファイヤー プレース ホルダー)

暖炉掃除用具 2ピース

実用的にご使用いただけます 毛束以外 全て真鍮ですので 存在感があります

玄関先や庭などにディスプレイしても…..

暖炉のある暮らしには 憧れが強く いつか自分の家を建てた時には必ず暖炉をつけたい…..

薪を割る 火をつける 電気を消す 暖炉の前で語り合う 憧れです….

あえて 手間がかかる事を生活の中に取り入れたい そんな余裕を持つ事が私の理想な暮らし

Fire Place Holder     ←詳細はこちら

 

人類が火を扱うようになった 始まりは 太古の昔 山火事の火を持ってきてからだと言われています

猛獣から身を守るため 寒さをしのぐため 灯り 焼物 調理…..

それ以外でも火や炎の揺らぎは精神を落ち着かせ 脳を整え 心を落ち着かせていく効果があります

ヒトにとって 無くてはならない存在

人類がここまで 文明を発展させたのも 火を扱えるようになったから だとも言われています

消し忘れにはご注意を

OWL SHOKO

 

 

PRAGOTRON

DSC_0955

 

DSC_0956

 

DSC_0958

 

パラゴトロン2

 

1970年 Czech Republic(チェコ スロバキア製)

ドイツの鉄道時計として使われていた パラゴトロン

知る人ぞ知る時計ですね….

バウハウス学校の教えとモダニズム運動の伝統に影響を受けたデザイン

独特の型を持ち存在感を放っています

シンプルが故に他の邪魔をせず 自己をシックに主張する…見習いたいものです

Pragotron

↑詳細はこちらから

パラゴトロンをデザインするにあたって 影響を受けた一つ”モダニズム運動”

19世紀芸術に対して 伝統的な枠組みにとらわれない 表現を追求した運動 モダンアート

1970年代は表現の自由の始まりだったのかもしれません

かつて 日本では1970年 大阪万博が開催 シンボル”太陽の塔”を造った 岡本太郎

万博のテーマー”人類の進歩と調和”をいやがり 周囲の反対を押し切り たった一人 真っ向から

立ち向かい 高さ30mの会場を遥かに超えた70mの塔をぶち抜いて完成させた 太陽の塔…

日本神話の意味が隠されており 第一の顔(黄金の顔) 第二の顔(太陽の顔) 第三の顔(黒い太陽)

第四の顔(太古の太陽)が刻まれていますが 地下にあったはずの第四の顔が塔から消え 未だ

行方不明だそうです

芸術と戦い続けた男 岡本太郎も 価値観にとらわれない表現手法で世界に立ち向かうピカソの

孤独な精神には涙がとまらなかったそうです

逆境に立ち向かい続け…評価されても尚 戦い続け 孤独で居続ける……

だからこそ力を発揮できるのかもしれません

OWL SHOKO