WORLD MAP MIRROR

DSC_0965

 

DSC_0964

 

DSC_0963

 

DSC_0962

 

1950s’   ロンドン

世界地図 ヴィンテージ パブ ミラー

地球が二つに分かれているデザインは珍しいようです

ガラスの裏面側から エッチングして 金箔や色を入れ 鏡に加工していく工程のため 月日が経っても

薄れる事はありません

ヨーロッパの人々は物を長く大事にしていく事が昔から身に付いている為

制作工程から考えられていますね

今も古く残り続けているものが多い国です

World Map Mirror

↑詳細はこちらから

 

今日は ハロウィンですね

ハロウィンはもともとは 民族行事みたいなもの 起源は2000年以上も前と言われています

11/1 カトリック諸聖人の日の前夜祭 秋の収穫を祝い 悪霊を追い払うお祭り

ケルト人は10/31 を1年の節目と考えていたため 夜は死者の霊と同時に魔女や精霊が

家族を尋ねてくると 信じていたため 身を守る為に 仮面をかぶったり

魔除けの為に かがり火をたいたりしていたようです

Please Have a Wonderful Halloween Night!!

OWL SHOKO

 

ANTIQUE SMALL BUCKET

DSC_0990

 

DSC_0989

 

DSC_0988

 

DSC_0987

 

DSC_0979

 

1920年代 イギリス

新しい物には出せない色合い….

ガーデニングのインテリアにおすすめです 植物を植え替えて吊り下げたり

シェルフに飾っておいたりと グリーンとの相性が抜群です

画像の観葉植物は”イラクサ科” “ピレア属” “ムーン・バレー”

ちりめん状になっている葉が特徴的な植物 原産地:ジャマイカ

寒さにも強く 育てやすく お花も咲くそうです……

Small Bucket

↑詳細はこちら

 
DSC_0963

 

金沢はかなり寒くなってきましたね…..看板犬のBELLも いも虫状態….動きません…..

OWL SHOKO

 

ORIGINAL IRON HANGER RACK

DSC_0965

 

DSC_0966

 

DSC_0967

 

DSC_0971

 

DSC_0973

 

オリジナル アイアン ハンガーラック

無機質・重圧感でもどこか 懐かしさと温もりを感じる アイアンが作り出す独特な存在感

凛とたたずむ姿は日に日に表情を変え 月日を重ねるごとに 味わい深いものになっていく…….

私達 人間と どこか似ているかもしれません

そんな アイアンの魅力を間近に感じてほしく

アイアンを使用した セミオーダーやオリジナル 什器・家具オーダー 承っております

 

又、自宅にある良い木材など使い道にお困りの方など

お持ちいただければ アイアンで脚など付けれますのでご相談下さい

共に生活し 共に年を重ね 歴史を刻んでいく…..

世界に一つだけ 自分だけのオリジナルを…..

OWL WORK

OWL SHOKO

 

VINTAGE MIRROR

DSC_0976

 

DSC_0962

 

DSC_0963

 

DSC_0965

1950年代 イタリア 金箔木彫りのヴィンテージミラー

デスクなどの前に立てかけて置いたり 壁に引っ掛けたり

独自のドレッサー造りにもおすすめのミラー

個人的に上部の欠け具合が何とも言えない いい味わいをだしてくれています

くびれたガラスも職人技……

海外の写真で色んな形のゴールドミラーをたくさん壁に飾ってある部屋もよく見かけますね

Vintage Mirror

↑詳細はこちら

 

イタリア領最南端の島…..”ランペドゥーザ島”は行きたい島の一つ

絵の具を使ったような海 透明度が高すぎて ボートが浮いて見えるそうです…..

OWL SHOKO

 

 

 

INDUSTRIAL LAMP

DSC_0964

 

DSC_0965

 

DSC_0967

 

DSC_0968

 

1960年代 ホーロー製 インダストリアル ランプ

小さめの ペンダントライトなので 食卓の上に段差違いでライティングしても かっこいいです

味わい深い空間造りには インダストリアル ランプは欠かせないアイテムの一つ

Industrial Lamp              Industrial Lamp       ←詳細はこちら

アンティークやヴィンテージと呼ばれる物達は今まで 残っている事 自体すばらしい事ですが

経年を経た全ての物がきちんとした工程で 丁寧に造られ 大切に使われてきた物だからこそ

何十年も何百年もの時を経て存在し続けていける…..

OWLからお客様への手に渡りその後も次世代へと繋げていってほしいと願っています

キズや深み 汚れも味わい その魅力を一人でも多くの方に伝えたい

古い物が苦手な方でも取り入れやすい様に できる限り状態のいい物を

皆様にお届けできたらと思っています

きっとハマりますよ……

OWL SHOKO

CANISTER

DSC_0992

 

DSC_0993

 

DSC_0991

 

DSC_0989

 

DSC_0986

 

ENGLAND CANISTER (イングランド・キャニスター)

1950s’-1979s’  SYLVAC社製など 造られた年代も 製造場所も様々

陶器製なので 状態はかなり良く 奇麗です

蓋付きのキャニスターは お漬け物やジャム・ソースなど入れたり….

背が高いものは 箸入れや野菜スティックなど 食卓を彩ってくれます

冷蔵庫に入っていたら 扉を開けた時 なんだか ほっこりしますね

小物入れやプレゼントなどにも おすすめ

どうやら イギリスではこのキャニスターがブームのようです……

個人的にAPPLE SAUCEの頬が赤くなっているのが お気に入り

ONLINE 

↑詳細はこちらのCollectablesからご覧いただけます

今日はお店の近くにある中央市場でなにやら行事をやっているみたいです

秋祭りかな….

OWL SHOKO

 

SWEDEN BUS ROLL SIGN

DSC_0967

 

DSC_0966

 

DSC_0968

 

DSC_0969

 

1960年    スウェーデン

大きなリネンに行き先が印刷されている

海外でも日本でも人気の高いバスロールサイン……

2mのバスロールサインを 部屋の一角にドンと貼っておくのもかなり かっこいいです

カット売りも受け付けていますので 板に張り付けたり 大小さまざまな 額に入れて

壁を飾っていくのも 楽しいですね

Bus Roll Sing

↑詳細はこちら ブラックカラーもございます

 

自然と湖の国 スウェーデン

平均身長180cm     ブロンドヘアー    ブルーの瞳…..世界で一番 美男が多い国と言われているようです

税金は高いが 社会福祉が充実していたり  国民の幸福度も高いようですね

自然に寄り添い生活していく….ナチュラルなライフスタイル….移住先として人気がたかそう

 

DSC_0964

 

今日は 姉からの差し入れがやってきました  3時のおやつ…

ハロウィンまだだけど…. ありがとう!!

OWL SHOKO

Sugar Bottle

DSC_0964

 

DSC_0617

 

DSC_0965

 

DSC_0963

 

Vintage Bottle

ヴィンテージ 陶器ボトル

キッチンのインテリアとして 小枝やドライフラワー 植物を入れたり

フォークやスプーン入れなどにも…..

Bottle 

↑詳細はこちら

最近気になっているのが サボテンや植物の”水栽培”!!!!

その名の通り 土を使わず 水で栽培する方法

色んな球根もあり 見た目も良いし なんといっても根が育つ過程も見れます

ヴィンテージやアンティークのボトルで育てると絵になりそうです

試してみようかな…….

OWL SHOKO

 

INDUSTRIAL LAMP

DSC_0966

 

DSC_0968

 

DSC_0969

 

DSC_0970

 

DSC_0971

 

Porcelian Enamel industrial Lamp

1920s’  フランス

照明をこだわる事で 空間の雰囲気も一気に変わります

無機質や無骨という印象がありますが どこか 懐かしさと 温かみさえある インダストリアル ランプ

魅力にハマり いくつあっても 欲しくなります

時代の流れに媚びない感じもまたいい….

工業的・産業的なインダストリアル・デザインは1920年代の米国で使われ始めた言葉のようです

Industrial lamp

↑詳細はこちら

 

OWL SHOKO

PUB MIRROR

DSC_0973

 

DSC_0972

 

DSC_0971

 

1970s’    ロンドン

一日だけ お店に仲間入りした パブミラー

写真はしっかり 撮ってありましたので 掲載させていただきました!!!!

S君 ありがとう!!

よく見ると いろんな絵で 女の子の顔が描かれています

パブミラーはガラスの裏からエッチングして 金箔や色を入れ 鏡に加工していくため

絵が剥がれる事はありません

今では職人が少なくなり 貴重なコレクションの一つです

 

店内の商品は ほとんどが 一点もの 気になったものは お早めに…..

どんな風に飾られていくのか 気になります

OWL でのアイテムは 数が少ないものばかり 希少価値が高いものなので

今後も大切にしていただける様 アイテムの詳細をできる限り

お客様にお伝えしたいと思っています

何十年も 何百年もの月日を経てここに居るモノ達…..

今後も人々の生活を彩り 魅了していってほしいです

明日は定休日です 本日も皆様のお越しをお待ちしております

OWL SHOKO